ウドズ・オイルブレンドとは

「身体に良い油」ってなんでしょう?

食用になる油脂の中には、体内で作り出すことができるので、たくさん食べる必要のない飽和脂肪酸・一価(単価)不飽和脂肪酸や、身体の中で作り出すことができず、健康を保つために摂取が必要な脂肪酸である必須脂肪酸などの種類があります。 この必須脂肪酸が「オメガ3」「オメガ6」のカテゴリにわけられ、2005年から厚生労働省の「食事摂取基準」にも、「オメガ3」「オメガ6」という言葉が登場しました。

「オメガ3」はα-リノレン酸という脂肪酸で、
● それを含む食品がそんなに多くないことと、
● 非常に繊細で敏感な脂肪酸なので、劣化・酸化しやすく流通や保管が難しい などの理由により、
「目標」となる摂取量があるくらい、意識して摂取しないと十分摂ることができません。

「オメガ6」はリノール酸という脂肪酸で、
● パンやマヨネーズなど、身近な食品にもともと含まれていたり、
● 揚げ油やサラダ油に多く含まれていることもあり、
いわゆる洋食や揚げ物類を食べると「摂りすぎ」となってしまいがちです。
オメガ6の摂取量は「目安」となっています。

オメガ3だけを摂れば良いのでしょうか?

オメガ3(α-リノレン酸)を含む食品は「そんなに多くない」と書きましたが、最近話題の「エゴマ油」や「亜麻仁油(フラックスオイル)」には、α-リノレン酸は豊富に含まれています。
では、「エゴマ油」や「亜麻仁油(フラックスオイル)」だけを摂取すればよいのでしょうか?スーパーなどの小売店でも売っていますし、健康食品を扱う店頭でも手に入ります。しかし、完全温度管理され、遮光ボトルに詰められたエゴマ油はなかなかありません。
非常に繊細で敏感な脂肪酸であるα-リノレン酸は、できるだけ冷蔵(冷凍)で、箱に入れてさらに遮光ボトルを使用する気遣いを必要とします。
さらに、ウド博士は長年の研究により、単体のオイルではなく「オメガ3とオメガ6を理想のバランスで摂ることに意味がある」として、オメガ3:オメガ6=2:1で摂取するのが最も身体に良いと提唱しています。
その理想のバランスにするために、最適な比率となるよう、オイルをブレンドしているのがウドズ・オイルブレンドです。
また、オメガ3・6の比率だけではなく、原材料のフレッシュな栄養素をそれぞれ残したままボトルに詰められているので、単一オイルを摂取するのより更にさまざまな栄養素と風味を味わうことができます。

普通のオイルとは違うのですか?

一般的に販売されている食用油は、大量生産された原料から、科学的な処理によって油分を効率よく取れるようにして、作られています。

また、長く商品棚に置かれても変化しないような加工がされています。ウドズ・オイルブレンドは有機農法で栽培された厳選された原料を化学的な精製をすることなく、丁寧に搾り出された生オイルです。

ウドズ・オイルブレンドの原料は何ですか?

有機農法で栽培され、かつ自社の厳しい基準をクリアーした厳選された亜麻の種子が主原料です。

その他にも高品質のひまわり・胡麻の種子、米胚芽・米ふすま・オーツ麦胚芽・オーツ麦ふすま等の穀類、ココナッツ油に含まれる中鎖トリグリセリド、月見草油、大豆レシチン、ローズマリー・エキス、トコトリエノールがバランスよく含まれています。

原料は外皮などを取り払った後、低温圧搾法で油分を丁寧に搾り取ります。この過程で、オイルは酸素や光に曝されないので劣化することがありません。また、少量づつ時間をかけて搾り取るため、圧搾時の温度も40℃以下に抑えられます。ウドズ・オイルブレンドをジュースに例えれば、新鮮な果物をそのまま搾ったフレッシュ・ジュースのようなものです。

なぜ茶色のガラス瓶に入っているのですか?

ウドズ・オイルブレンドには健康維持に必要な必須脂肪酸が豊富に含まれていますが、
この必須脂肪酸は光(紫外線)や空気中の酸素によってとても変化しやすいのです。
そのため、光による劣化を抑える茶色のガラス瓶に充填し、さらに光が入らないように紙の箱に包んでお客様にお届けしています。
また、ビンに充填する際も、窒素ガスを使ってオイルが酸素に触れないように配慮されています。

飲む時間や飲み方は?

毎日の摂取量

あくまでも食品ですので、制限は特にありませんが、適量というものがあります。
体重23キロあたり15ml(大さじ1杯)が適量です。
50キロ前後の方なら、大さじ2杯が適量です。

気候や、食生活、生活習慣などでも微妙に違いますが、慣れるまでは、最初は少しずつ、だんだん増やしていき、だいたいの目安で調整してください。
一度にたくさん飲めば病気が治るというようなものではありません。
適量を、毎日、長く続けることが大切です。

飲む時間

飲む時間に制限はありませんが、毎朝の習慣にしてしまうとか、食事と一緒にこまめに摂るなど、忘れずに長期間づつくような摂りかたを工夫してみましょう。

基本の飲み方

オイルを適量スプーンなどにとり、そのまま口に入れて飲みます。
お皿に入れた場合、お皿についたオイルがもったいなく感じることもあると思います。
直接スプーンに入れると、無駄なく飲むことができます。

飲み方の応用例

  • オレンジジュース、野菜ジュースなど、お好みの飲み物に入れて飲むことができます。
  • ウドズオイルブレンドは加熱してはいけませんが、飲み物やスープ程度の熱さならば大丈夫です。
    スープや味噌汁に浮かべて飲むと、コクが出て大変美味しく召し上がれます。
  • サラダにかけて食べます。ドレッシングに混ぜてかけてもいいですし、サラダに直接オイルをふりかけ、天然塩、スパイスなどをかけるだけで、大変美味しく召し上がれます。

調理には使えますか。

炒め物や揚げ物など、オイルを直接加熱する調理には使えませんが、サラダのドレッシングやマリネなど加熱しない料理や、すでに焼き上げた料理に後から振りかけたり、熱い味噌汁やスープなどに浮かせたりすることは大丈夫です。

ウドズ・オイルブレンドに含まれる必須脂肪酸は熱によって変化しやすいので、炒め物や揚げ物などには使わないでください。加熱された料理に後からかけていただいて、召し上がりください。

保管について

ウドズ・オイルブレンドには身体を癒す必須脂肪酸が豊富に含まれますが、この必須脂肪酸は光、空気(酸素)、熱によってたいへん変化しやすい性質を持っています。
そのため、かならず冷蔵庫で保管してください。
開封前に冷凍すれば長期の保存 (製造後1年6ヶ月)も可能です。

冷凍と冷蔵の過程では、品質が変わるということはありませんが、常温での保存だけは避けてください。
せっかくの有効成分が死んでしまいます。
開封後は冷蔵庫で保管し、60日以内にできるだけ早くお召し上がりください。

原材料 有機亜麻仁(フラックス)油、有機ひまわり油、有機ゴマ油、有機ココナッツ油、有機月見草油、有機米油、有機オーツ麦油、大豆レシチン、ビタミンE
目安量 体重約23kgあたり1日に大さじ1杯(15ml)
原産国 カナダ
内容量 500ml
保存
方法
冷蔵または冷凍で保存してください。
開封後は冷蔵し60日以内にお召し上がりください。

※ウドズ・オイルブレンドはクール便でお届けします。
※ご注文後、4〜7日でお届けいたします。
※直送商品のため、他の商品との同梱はできません。

成分表 30ml中/1回分
熱量 243 Kcal
たんぱく質 0.4 g
脂質 27 g
多価不飽和脂肪酸 19 g
オメガ3(α-リノレン酸) 13 g
オメガ6(リノール酸) 5.9g
単価不飽和脂肪酸(オメガ9) 5.9g
飽和脂肪酸 3 g
コレステロール 0 mg
炭水化物 0 g

ウドズ・オイルブレンド オメガ3&オメガ6
プロ・アクティブ オンラインショップサイトに移動します